2010年02月01日

『Yesアドレナリン!GoGoドーパミン』報告記

昨日は待ち遠しかったイベントの当日。

企画の反省はたくさんあったけど、
監督と山崎さん(脚本家)もお会いできて、
ほんでヤミナベと北芝のスタッフとお客様と、

めちゃくちゃ楽しい時間だった。

北芝の林家パー子ことSやんによって
パラパラマンガなみに膨大に取られた写真の中から、

少しだけUP。

(スライドショウで高速で見ると、まるで動画のよう。Sやん・・・最近撮る枚数がやたら増えたような気がするのはなぜですか・・・(報告書くには助かるけれど・・) カメラが新しいにになったから・・・?)

↓映画上映後の監督トーク

CIMG2411.JPG

CIMG2434.JPG

浜野監督の、とってもスピード感のあるトークに、
びっくり。

自分の監督時代のこととか、撮影現場の話とか、
いろいろを、ズバズバ〜っとお話される毎に、
会場が「わはっ」と笑う。

SEXネタなんかもあったけど、
会場には性別年齢さまざまな方が。

一緒になって「わはっ」と、笑っていた。
その姿に、実は私、ほっと旨をなでおろしていた。

参加した人たちが、
あぁ、いい一日だった。
「こんな生き方があるんだ。」

前向きなあたたかな気持ちで家に帰ってくれたら嬉しい。
だってそのために企画しているんだ。

浜野監督、山崎さん、ありがとうございました。

しかし・・・ヤミナベ企画史上・・・
というか、らいとぴあ21でのセミナー企画史上・・・

あれだけ高齢者の参加者が多かったことはなかった。

6割が高齢者ではなかったかな。

ちなみに浜野監督曰くは、

「いつもだいたい高齢の女性が多いんだけど、
今日は男性の方も結構いらっしゃるし、若い人がいるのが新鮮!」

さっきアンケートを読んでいたのだけれど、
箕面市内外からたくさんの人に参加していただいていた。

嬉しかった〜

特に新聞を読んで来てくださった方が多くて、
新聞ってやっぱりすごいな。と思いました。
あとmixiも*

(ちなみにアンケートを読むという作業はドキドキする作業で、
 厳しいご意見があるかどうか・・背筋を必要以上にピンと伸ばして読む。)

北芝の名物おばちゃんたち(ぞくぞくと・・・)
北芝外からのおばちゃんたち
高齢者の介護施設で働いている人
セックスワーカーを仕事にしている人
ご夫婦で
若者が一人で
高校を出たばかりの大学生

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、場所は変わって20人ほどの定員で交流会。

会場はヤミナベ企画でお馴染み
CAFE&ART NICO
http://blog.goo.ne.jp/nicobiyori/
27歳の店長が腕を振るう・・・・・振るいまくる!

Tちゃんの腕で、元々の味が大切にされて出てくる食べ物の数々。
あぁしかし。こればっかりは、写真がないのだ〜

荒らしツクサレタ後。↓

CIMG2549.JPG

さすがSやんも、さてはこの時は食べていたとミタ。
(ちょっと安心)

ヤミナベは毎度のこと、浜野監督までもTちゃんの料理に
メロンメロンで、帰りの車でも「おいしかった〜」とお話されていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

始めの1時間くらいは、みんな食べるのに必死!
あと、同じテーブルに座った人同士
「はじめましてこんにちは」

エロスな料理にという私たちの変な注文も聞いて、
シェフのTちゃんはいろんな料理を作ってくれた。

・精力満点にんにく丸ごと揚げたやつ
・おっぱいプリン(杏仁豆腐の真ん中にマンゴーソース(乳首やね・・(*^^*)ホホホ・・)
・他た〜くさん

その後、監督と脚本家の山崎さんに
なんちゃってステージにスタンバイしていただき、
Q&Aコーナー

お二人の隣の質問席を取り合って、
質問したいことを一人ずつ質問するというもの。

これが本当に面白かったのだった。のだった。。
百合祭の内容にちなんで、エロ話?も混ざりながら。

CIMG2509.JPG

自分の悩み相談を始め「渇を入れてくださいぃ!!」と、
監督に渇入りのチューをしてもらい、嬉しくて泣き出してしまいそうになったFさん(とても可愛い方です。

ポルノ映画の役者に応募して東京へ行くMさんはその応募先の監督が浜野監督の知り合いだったとか(よかった。とても安心した。)
Mさんも、とても不思議な魅力の女性だった。
もっといろんなことをお聞きしたかったけれど、独り占めはいかんいかんと、涙を振り絞った。
ぜひ東京から帰ってきて、いっぱいお話を聞きたい。

そういう体験がないし、ちょっと刺激的でした(笑)親が教えてくれたこともないから、ある年齢まで。結婚した瞬間に女の人が妊娠すると思っていたと告白するIさん
(そう、私もそうだった。さすがにコウノトリが運んでくることはないやろ・・(笑)とIさんも言っていたが。会場みんなが和んだひととき。)

やっぱ、きちんと性教育しないとだめだよね。
と監督。

年頃の男性の例に漏れず僕もピンク映画には非常にお世話になってまして、、、の告白の後「おいおい〜!」と笑いを集めつつ始める、若き日のチェ・ゲバラにそっくりなYくん。
監督の答えに恐れをなして、たたたーっと退散。

CIMG2630.JPG

その他のみなさんのも、書ききれないくらい、
バラエティに富んでいて面白かった。

みなさんお1人1人と、もっとお話したかったなぁ。

浜野監督もとても饒舌に、
全員の質問や相談に答えてくれはった。

山崎さんも、クールな感じを装われつつ、
これ!という質問にピンポイントに
とても丁寧に意見をくださっていた。

寡黙な情熱家さんとミタ。
お二人とも、とてもいいコンビネーションだと思った。

・・・・・・

そんな質問を尻目に、
交流会会場のポスト男性高齢者2人・・

「どうでしたか?」
「今更身につまされる映画でした・・(ちーん)」

高齢者の域にはまだ達せず、
しかし身体の衰えを感じ始める歳の男性にとっては、
映画「百合祭」の中で活き活きと生きる女性の姿はあまりに、
まぶしすぎたのかしら。

ふふ〜

ちょっとほほえましい片隅の1シーン。

こちら、ヤミナベのメンバーのBLOGにも当日の報告が*
こっちにはちゃんと料理の写真も。
彼女がメモしている監督の言葉が、いいです。
http://tomoe-gohan.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01

・・・・・・・・・・


さ、後は、しっかり課題もまとめて、
次にもっといい企画ができるますように*

あ!監督が帰り際に言ってくださった。
『2010年始めてのイベントが、Teamヤミナベの企画でよかった!』


                    ひ

・・・・・・・・・・
posted by TEAMヤミナベ at 17:36| Comment(0) | ヤミナベ企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。